GoogleMAPに複数のマーカーを掲載して1つのマップとして掲載する方法 – gMap Point Listプラグイン


wordpress

不動産の物件など、地図上に物件をまとめて表示できると便利だなと思い方法を考えていた時、イイ感じだったのがgMap Point Listプラグイン。

Google MAPに複数のマーカーを掲載して1つのマップとして掲載する方法

Google MAPに複数のマーカーを掲載してショートコード化してくれるので、いろいろな場所に表示させることができます。

別に作った物件ページとは、連動していませんが、その分、自由度が高いです。

イメージとして上の画像か以下リンクをクリックして動作をご覧下さい。

物件MAP

プラグインのデフォルトでは、地図の下にマーカーに記述した内容が一覧として表示されますが、地図として使いたかったので、その部分をスタイルシートで非表示にしています。

以下、gMap Point Listプラグインの便利なポイントと利用方法まとめました。


【ポイント】

物件など各ページへのリンクが可能
画像も入れられます
MAPの表示サイズは、マーカーの範囲で自動で調整され表示されます。
種類別、地域別など複数のMAPを制作設置可能。(設置についてはプログラム知識が必要となります。)
大きさをあわせればマーカーアイコン変更も可能です。物件種類などでアイコンを変更しわかりやすい表示になります。


【利用方法】 ※物件の場合

1.管理画面にて、投稿など物件登録ページで物件のページを制作。そのページのURLのコピーしておく。
2.MAP機能(Markers)にて、新規の場合は「MAP List」で掲載するMAPを作成。その後、「New marker」を選び、地図にマーカーを載せる
 ●タイトルに物件名記入。
 物件の場所は、緯度経度にて設定するため、Geocoding – 住所から緯度経度を検索(http://www.geocoding.jp/)にて、緯度経度を入手。
 住所、フリー欄(文章、写真、物件ページへのリンク)、マーカーの設定、どのMAPを使うかを決めて、投稿保存。
3.これで物件MAPに、物件が追加されます。「MAP List」にあるショートコードで投稿記事に掲載したり、phpでTOPページなどに直接入れ込んだりすることができます。


1点、wordpressテーマや他のプラグインとの相性があるようなので、設置する時にはテストしてから導入しましょう。

The following two tabs change content below.
RZS
記憶に残るしくみを創造する・・・ 静岡からWEBSITEプロデュース、宣伝周知全般[WEBプロデュース・各種企画・デザイン・制作・運営・販売]]、各種印刷物・販促物[企画・デザイン・制作]を主にしてます。 なんでも屋として、皆さまに重宝!?されております!