ワイヤレス化で快適!Bluetoothワイヤレスヘッドセット


PLANTRONICS  Bluetooth スポーツ用ワイヤレスヘッドセット(ステレオイヤホンタイプ)  BackBeat Fit Blue BACKBEATFIT-BL PLANTRONICS Bluetooth スポーツ用ワイヤレスヘッドセットBackBeat Fit Blue BACKBEATFIT-BL

 

4年前に買ったLOGICOOL ワイヤレスヘッドセット H600。

まだまだ現役だが、耳に当たる部分のスポンジ部分が劣化して破れてしまったのではずしたのですが、付け心地が悪くなったのと、もう少し軽いタイプがほしいかったので調べてみた!

 

ポイントは、

Bluetooth
軽い
防水
耐久性
音質
ケーブルがじゃまにならない
インイヤー型、カナル型

 

まずは、

 

1.JayBird X2

音がいい○
防汗○
連続使用時間約8時間○
予算的に×

音質の評判のいいが予算的に×

 

 

2.Jabra ROX WIRELESS

音がいい△
防水○
連続使用時間5.5時間△
耐久性・不良×

予算、バランス的にイイ感じだが耐久性や当たり外れが多そう

 

 

3.オーディオテクニカ SOLID BASS Bluetooth ワイヤレスステレオ ヘッドセット ATH-CKS77XBT

音がいい○
防水×
連続使用時間5時間△
ケーブルがじゃまにならない×

さすがオーディオテクニカ。音質はよさそうだが、防水ではなく、使用時間が短い

 

 

4.PLANTRONICS Bluetooth スポーツ用ワイヤレスヘッドセット(ステレオイヤホンタイプ) BackBeat Fit Blue BACKBEATFIT-BL

音がいい△
防汗○
連続使用時間約8時間○
ケーブルがじゃまにならない○

防汗、使用時間OK。スポーツ用なため、他とケーブルの収まり方が違い付け心地がよさそう!

 

 

ということで、

いろいろ良し悪しあるようで検討した結果、1番気になった、4.BackBeat Fitをチョイス

有線のヘッドフォン同様、線がガサガサするのがイヤなので、形状、ケーブルの収め方を一番に考えた結果でした。

  • PLANTRONICS Bluetooth スポーツ用ワイヤレスヘッドセット(ステレオイヤホンタイプ) BackBeat Fit Blue BACKBEATFIT-BL
  • PLANTRONICS Bluetooth スポーツ用ワイヤレスヘッドセット(ステレオイヤホンタイプ) BackBeat Fit Blue BACKBEATFIT-BL

特長

  • 柔軟なデザインにより、どんなレベルのエクササイズで使用しても外れ難く快適に装着可能
  • P2iコーティングによる耐久性、耐汗性に優れた設計
  • 通話や音楽用のオンイヤーのコントロール
  • 付属のネオプレン素材のアームバンドでスマートフォンを固定し、ヘッドフォンを収納可能
  • 強力なスピーカーにより、音楽のハートを揺さぶるベース音やクリアーな高音を実現
  • 最大8時間の音楽再生時間、最大6時間の連続通話時間、最大14日間の連続待受時間
  • 携帯電話の通信範囲外となった場合、DeepSleep節電モードが起動しバッテリーの持続時間を延長

 

インイヤー型なので耳にあえば快適です。

私は、ディスクトップにもつなげたかったので、Bluetoothのアダプタが必要でした。ノートは、最初からBluetoothがついているものが多いですが、ディスクトップは、ほぼついていない。

 

サンワサプライ Bluetooth 4.0 USBアダプタ(class1) MM-BTUD43

Bluetooth Ver.4.0に対応した超小型Bluetooth USBアダプタ。class1、高音質コーデックのapt-Xコーデック対応。

特長

  • 最新規格の「Bluetooth Ver.4.0+LE/EDR」に準拠しています。
  • Bluetooth Ver.4.0機器との接続時には更なる省電力を実現しました。
  • 最大100mまで通信が可能です。(理論値)
  • 高音質・低遅延で音楽や通話が楽しめるapt-Xコーデックに対応しています。※apt-Xコーデック対応機器に限ります。
  • Bluetooth Ver.3.0/2.1/2.0/1.2機器との接続も可能です。
  • 超コンパクトサイズで装着したままでも邪魔になりません。
  • チップセットは、信頼のCSR社製を採用しています。CSR社製ソフトウェアも同梱されています。

私の環境では問題なかったが、CSR社製ソフトウェアが環境によっては合わない場合があるので確認してから導入した方がよいようです。

1点、設定後、Youtubeのお気に入り音楽を再生させたのですが、H600より悪すぎる音にガックリ(涙)アナログのような音でした。

しかし、設定で何とかならないかと確認していると、パソコンのサウンド設定で、「Bluetooth Hands-free Audio」に設定されていたものを、「Bluetooth Audio Renderer」に変更し、再び、Youtubeのお気に入り音楽を再生させたら、H600と変わらないステレオサウンドになりました!最初の設定で、音質が悪い場合、設定を見直してみるのも一つの手です。

サウンド

class1ですと最大100mまで通信が可能、実際、ある程度はなれた場所でもクリアに聞こえました。マイクはまだ使っていないため評価できませんが、会話によく使う方は、LOGICOOL ワイヤレスヘッドセット H600など、マイクが独立して口の近くに来るようなタイプの方が間違いないでしょう。

今まで使っていたヘッドセットより軽くなり、ケーブル部分が頭や首にあたらない浮いた感じなので、装着感もよかったです。

iphoneにも問題なくつなげました。

製品の特徴であるスポーツ用としてもつかわなければもったいないですね(苦笑)がんばります!

The following two tabs change content below.
RZS
記憶に残るしくみを創造する・・・ 静岡からWEBSITEプロデュース、宣伝周知全般[WEBプロデュース・各種企画・デザイン・制作・運営・販売]]、各種印刷物・販促物[企画・デザイン・制作]を主にしてます。 なんでも屋として、皆さまに重宝!?されております!